テキストサイズ 小 |中 |大 |

Diary

活動の記録から日々の中で発見した事など書いていきたいと思います。

2017.12

振り返って 2017.12.4

セッションハウスを振り返ってました。

なんか小さい人間をいっぱい感じたってのが大きいですかね。

プライド高すぎな人とか、悪意ある評価の書き方とか、人生を多く生きてるだけで顔でかく生きてる人とか。

悪意ある評価を書く人はなんであんなことが書けるのかなと思う。笑

多分結構病んでるんでしょうね笑

承認欲求みたいなものを感じます笑

人間性を疑うような書き方をしてました。

やはり僕は人に優しくしていきたいなと改めて思いました。

そしてちゃんと活動してものが言えるようになりたいなと。

いい点もいっぱいありました。

僕の作品は基本的にドスが効いてるので日本では嫌いな人もある程度いるかと思ってたんですが、結構高評価で、みんなそういうものを求めてるんだなと。

なんていうか、自分ではいけない一歩先の感覚というんですかね。

みんな何かを常に求めてるんだなと思いました。

MOIRA@セッションハウス終演 2017.12.3

セッションハウスでの公演、無事に終えました。

見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

今回の公演で多くの感想意見書を頂き、以外と好評で嬉しかったです。(悪意のある評価もあったけど)

2017年の自分の作品上演はこれにて終了。

いい年末の締めくくりだったと思います。


来年はさらにゆっくり作品創作したいなと思いました。

今年は残すところロシアの振付家 Taja Savinaさんの作品出演のみです。

みなさんぜひ見に来てください。

詳細はこちら
http://deviate-co.com/TajaSavina.html

2017.11

引きこもり2日目 2017.11.30

今日で11月も終わりですね。

今日も相変わらず引きこもってました。

作業したり、掃除したり。

今日はなかなか手が出なかった書類関係の整理。

まとまってないし、整理されてないし。。。

今年開いてない書類関係、全部ゴミ箱へ。

いつか読むとか、資料としてなんて思って取っといてたって見なきゃ意味がない。

みなさんも捨てたほうが良いですよ。無駄なもの。

やはり部屋が綺麗になるのは良いことですね。

もう少し本も捨てたいな。

引きこもり 2017.11.29

久々に引きこもりました。

一歩も家から出ない。

今日はとにかく掃除と作業。

飽きたら映画か読書。

でもさすがに家にこもりっきりは飽きますね。。。

外に行って作業した方のが進む気がする。

でも田舎すぎてカフェが近所にない。。。

カフェに行くだけでも電車乗らなきゃいけない。。。

家の環境をもう少し考え直さないといけないんだろうな。。。

テクニカル打ち合わせ 2017.11.28

今日は今週末の公演のテクニカル打ち合わせでした。

自分の作品を日本でやるのが久々なんですが、やはりやりやすいですね。

日本語の多様性を感じました。

一言ですぐ伝わる。

良い公演にしたいと思います。

リハーサル 2017.11.27

今日から今週末、神楽坂で再演する作品「MOIRA」のリハーサルでした。

基本は夏に韓国で上演した演出がベース。

だけど、どうしても音負けしたりするところをリクリエーションしました。

なんでこんな強い音選んじゃったんだろう。。。

今週末、みなさんお楽しみにしててください。

度肝ぬいてやるぜ!!

2017年山海塾公演終了 2017.11.26

新国立劇場での公演が2時に終わりました。

これで山海塾の2017年の全公演、終了です。

無事にツアーも終わって新国立も終わって何より。

見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。


今年はあと2本、踊ります。

今週末神楽坂にあるセッションハウスでの公演と、17日にあるロシアの振付家 Taja Savinaさんの作品に出演します。

みなさん、ぜひ見に来てください。

詳細はこちら
DEVIATE.CO

初日、無事に終了 2017.11.25

初日、無事にあけました。って明日で終わりだけど。

日本だから当たり前なんだけど、周りで日本語いっぱい話して聞いてるけど、まだなんか海外ツアーの延長にいるような感じです。

変な感じ。

明日、無事に終えて一区切りつけたいと思います。




断捨離後 2017.11.23

事故後、いろいろな人間関係問題勃発後、断捨離してきました。
 
物だけでなく人もです。(僕を断捨離された関係も多々ありましたが)
 
ツアー中にFacebookをやめました。
 
そうすると、やはり多くの人との関係が軽薄だったこともわかります。
 
それは自分が薄くしてた部分もあります。
 
自分が頑張って精根詰めて作った作品がもう上演されない可能性もある。(共同制作の為)
 
でもまぁしょうがないよなと思いつつ、やはり自分の血肉を注いだ子供が世に出づらくなるのは苦しいなと。
 
仕事は1人では決してできません。
 
だからこそ関係性大事にしたいなと思います。
 
そして作品は自分1人で作ろうと思います。
 
ある意味責任は自分でとるということですね。
 

新国立劇場仕込み 2017.11.23

今日は朝から新国立劇場の仕込みでした。

さすが新国立劇場。

システムもスタッフさんも素晴らしい。



人数もいるし、ちゃきちゃき進む。

トビリシとは大違い笑

明後日には本番です。

みなさん、お楽しみに♪

オフ日なのに 2017.11.22

今日はオフ日ですが結局作業ばかり。

郵送物やら通帳記入やら連絡事項やら、まぁ結局こうなるよね。

幸い、母親も出かけるということで一緒に出かけ、久々にいろいろ話しました。ってそんないろいろではないけども。

母親は数ヶ月前に狭窄症の手術をして今でも短時間以下の歩行しかできないんですが、寒くなってくるとやはり痛いもので、そうなると家で寝たきりになる。寝たきりになるとやはり心も狭くなってくるもの。僕が手助けしながらでも頑張って外に出たほうがいいので一緒に出かけました。

親子の会話というのは良いも悪いも必要ですよね。

久々に一緒に昼飯も食べて、母親の気分も晴れたようです。

家族は大事にしましょう。

みんな、大事にしてる?

向き合わなきゃいけんよ。

帰国後すぐ 2017.11.21

飛行機のなかでブログ書いたけど、日本に到着したら21日でした。

帰国後すぐに家の近くのスーパー銭湯に。

コロンビア入りしてからずっとシャワーだったので、湯船に浸かるのが久々。

大して熱くもない風呂から入ったんだけど、なぜかサッと浸かれずゆっくり深い溜息みたいなものと同時に入りました。

やはり疲れていたのと、自分で思っているよりも体は歳何でしょうね。

もう少し自分の体を大事にしないとなと思いました。

サウナと水風呂を3往復して、体がダラダラにほぐれてから、マッサージに行きました。

ちょっときつめにやってもらって、もう放心状態。。。

ダンサー業なのに制作作業ばかりやっているので肩こりがひどい。。。

明日はオフなのでゆっくり過ごしたいと思います。

間も無く帰国 2017.11.20

飛行機の中で書いてます。

山海塾ツアー、無事に全公演終わりました。

天児さんの体調不良やらメンバーの高山病やら、いろいろどうなることやらという不安もありましたが、無事に終わりました。

昨日のホテル出発の際、マネージャーのピエールとマーラに最後のお別れをしました。って言ってもまたヨーロッパ会うんだろうけど。

けど仕事でお世話になるのはこれが最後です。

英語が苦手で今まであまり会話をしてこなかったのが今になって悔やみました。

今山海塾はいろいろあり大変です。そして乗り越えるべき壁にぶち当たり、みんあで越えようとしています。

それを本当に心から感じました。

組織であるということは会社としてもそうなんですが、やはりそういう会社の考えではなく、ここにいたいから、舞踏/山海塾が好きだから、みたいな部分がやはりみんなにあって、金の問題じゃない、言ってしまえば愛としての形があるのを今ツアーでみました。

こういう組織を作るというのは自分では現に想像できません。

すごい勉強になりました。

蝉丸さんの社長業もありますが、責任感とそれ相応の行動というのも本当に勉強になりました。

今ツアーはピエールと蝉丸さんのに心動かされました。

もっと大人になりたいと思います。

次の公演は新国立劇場初の舞踏公演。

それを1番に封を切るのは山海塾です。

ですが天児さんは出れません。

みんなでいい公演にしたいと思います。

暇つぶし 2017.11.19

実際には日付が変わってから(20日)の出発だったので、結構暇でした。

昼の12時には異聞の部屋をチェックアウトしなきゃいけなかったので、あとはみんなの過ご仕方に便乗しようと。

で、長谷川さん(15年選手)が見晴らしがいいカフェがるということで音響の宮崎さんと便乗しました。

まじで見晴らしよかった。

多分3000mいってるんじゃないかな標高。

このカフェについてびっくり。

松岡さんと百木がもう飲んでるっていう。笑

そのあとももう一軒へ。

またこの3人のスリーショットです。

一昨日も飲みに行ってこの3人の写真撮ってました。



夜はメンバーで食事に行きました。

もうみんな飲み疲れてる感じだったけど笑

これから帰ります。

今ツアー最終パフォーマンス 2017.11.18

エクアドルはキトでの公演を無事に終えました。

標高2800m。

僕のポジションはそんな激しくないんですが、最後の景がそこそこ動くのですぐに息切れ。

結構疲れました。

明日の夜中の便に出発です。

明日何しようかな。。。


引き算 2017.11.17

多くの人が理解できているけど、できないこと

「足す」ことができても「引く」ことができない。

「足す」ことで自分がそのあとずっと幸福を得られるのか、ちゃんと見定めないといけない。

人生は一回しかないからこそ、周りに流されず、自分で決断し、行動しなければいけない。

Beyond 2017.11.16

今年の前半に僕の作品はコピーだと言われたことがある。

起承転結や波長がコピーと言われた。

でもその瞬間にやけてしまった。

だってそうやって作ったんだもの。

その瞬間僕はその大先輩の先を行ったんだよ。

学ぶ 2017.11.16

今日はエクアドルはキトにて仕込みでした。


こちらを向いてるのは長谷川さんです。

作品はUTSUSHIなので仕込みはすんなり終了。

間も無くお昼という時に音響チューニングに人手が必要らしく、初めて音響チェック手伝いました。





いや、凄いですね。

照明はある程度知ってるんですが、音響がここまで奥が深いとは今まで知りませんでした。

人間が聞ける範囲は20 ~ 20KHzらしく、スピーカーの出る音を一つずつ確認して調整していく作業の手伝いをしました。

わからないこと多すぎるけど、どういうことどういうこと?って感じでずっと考えながらやりました。

職人技ですね。

もっと勉強しよう。

未来の為の時間の使い方と変化の仕方 2017.11.15

ここ数ヶ月で今までの自分が変わってきました。

人は経験をすると本当に根本も変わってくるんですね。

事故前には考えられなかった自分が生まれてきてます。

今までは周りの空気をよく考えてできるだけ楽しいようにとしてましたが、そんなことより自分のが大事だと最近は思ってます。

自分で自分を息苦しくする必要もない。

もっと自分らしく生きるということを本当に考えます。

特にこういう団体で仕事もしながら生活もしながらだと自分の弱さや苦手なことにもよく直面します。

見直しにはいい環境です。

今まで見たいに頑張るということをやめようと思います。

ツアー終了まで残り1週間。

寿司食いたい。

客観と自覚 2017.11.15

周りに嫌なことを嫌なことを言われた時にあなたはどうしますか?

怒ることや嫌な気持ちになることも多々あると思います。

僕も少し前まではそうでした。

最近は自分の中に潜るようにしてます。

なぜ言われて嫌だったのか?

相手の言葉の重さを感じるのは自分の心の許容範囲が狭いからだと思います。

軽く感じてどうってことなく返せる人は許容範囲が広いんだと思います。

一つ一つ自分の中で明確にして、言わせとけ言わせとけって自分に言っています。

誰がなんと言おうが大丈夫。

自分が自分でいるためには自分でいるしかないんですから。

相手を変えるより自分から変わらなければ環境は変わらない。

嫌なこという相手の許容範囲なんて考えず、自分の許容範囲を広げた方がいいなと。



あ、エクアドルのキトに着きました。

標高がボゴタより高い。

呼吸が苦しい。

パフォーマンス鑑賞 2017.11.14

今日はカルタヘナのダンスカンパニー Colegio Del Cuerpo がバンブーテンプルという会場でのパフォーマンスに招待してくれました。


カルタヘナの街から車で1時間の所にあり、池の真ん中に建設されてました。

今日は朝から大雨が降ったため、足元ぐちょぐちょ。

車からはビニール袋を履いて行きました。

会場は全て竹でできていて、伝統的な建設方法で作ったそうです。(細かい英語が聞き取れなかった) 


 

このカンパニーのディレクターさんは1984年に金柑少年を見て下の写真顔の石膏を1000個作ったそうです。

1984年って僕が生まれた年です。

凄いですよね。。。

帰りに一つくれました。笑

会場は吹き曝しだったけど、綺麗でずるい環境でした。

僕もあんな会場がほしい。。。

明日にはエクアドルに移動です。


このブログのこと 2017.11.13

頑張ってこのブログを続けてきましたが、意外と毎日書くって大変なのとそんな重要なことでも無いのに時間を割いて書かなきゃいけないことに疑問を持ってきました。

もう少しSNSのように思った時に書けるようになればいいんだけど、いちいち編集ソフトを開いてとやらなきゃいけない為、手間がかかる。

これからはもっと濃く行きたい分、日常のことなどはインスタにしようかな。

UTSUSHI終了からの・・・ 2017.11.12

無事にUTSUSHI公演終了しました。

昨日も乗り仕込みで疲れてたし、なかなかスイッチが入らなかったけど、無事に終了。

終わってからレセプションパーティーでした。




で、その後そのままの流れで昨日書いたホテルの目の前のフェスに若手のみんなで遊びに行ってきました。

いやぁ〜もうどんちゃん騒ぎ。

酒ぶっかけぶっかけられ、びしょびしょ。

久々にハッスルしました。

自分はもともとクラバーだからやはり音楽の中に身を沈めて踊ってるのが好きだなと思いました。

山海塾のみんなはそういうはっちゃけしないからね。

自分は自分でいようとなんか思いました。

明日は二日酔いだな。。。

Bogota to Cartagena 乗り仕込み 2017.11.11

朝からカルタヘナへ移動。

飛行機1時間といえどやはり疲れますね。

で移動してさぁ〜仕込み。





今回はコンベンションセンターなので照明がとにかく大変そうです。

もう即寝します。

塩の教会 2017.11.10

今日は朝からみんなと塩の教会へ。

場所はシパキラという地名でボゴタから車で2時間かかりました。













洞窟の中です。

結構広かった。

最後らへんの写真の白いのは全部塩です。

削ったら時間が経つと塩が滲み出てくるんだと思います。

フィルムでも写真を撮ったので楽しみです。

で、2時間かけてボゴタに戻り、本番。

バラシを終えててっぺん越え。

さすがに疲れました。

TOBARI初日とピエールのさよなら会 2017.11.9

TOBARI初日、無事に終えました。

さすがに標高2600m。

乳酸の溜まりが早い。。。

それでも最後の景は久々に気持ちよく踊れたのはよかった。(いつもは腹筋と首金がやばい)

本番後は今まで山海塾のマネージメントをしてきたピエールのさよなら会をしました。

ピエールは24年間だったかな?山海塾のヨーロッパや南米などの公演を担当してくれました。



僕はまだ山海塾に関わって7・8年です。

24年間ってどんなんなんでしょうね。

ただ凄いなと思ったし、自分がこれから活動していく時にそんな人と出会えるのかなと思いました。

出会いたい。

ピエール、今までありがとう!!ってこのツアーの最後まで一緒だけど。

ボゴタ散歩からの 2017.11.8

昨日の仕込みの進みがよかった為、今日は日中空いたので散歩してきました。

というか買い物目的。

いつもつけてる指輪があるんですが、ボゴタに初めて来た時に一目惚れして購入したんです。

動物の角でできてます。

で、これの色違いが当時はあって、そのお店がどの辺かあまり覚えてなかったけど探しに。

1人で歩くのは禁止令が出てたんですが、荷物少なく、小さいカバンにカメラを隠して行ってきました。

今回、このフィルムカメラも一緒に旅をしています。

パシャッと撮っては隠し。

あっちゃこっちゃ歩くこと1時間半、やっと見つけました!!

が、売ってなかった。。。

まじで残念。。。

残念だけど諦めてランチへ



スープとサラダとステーキとデザートで日本円換算したら800円。

安い!!

夜の荒通しの為にエネルギー補給。

夜は劇場に行き荒通ししました。



標高が高い為、袖に酸素ボンベと担架が置いてあります。

酸素が薄いせいはすぐ息上がるし、乳酸がたまりやすい。。。

明日、初日です。

Bogota 仕込み 201711.7

今日からボゴタ公演の仕込み。

旧市街の中のホテルに宿泊し、劇場はなんと隣。

旧市街はあまりコロンビア間が無いです。











ですが、それでもボゴタ。

1人で出歩くなとカンパニーから注告があるぐらいです。

少し1人で歩いてみましたが、気張って歩きました。

もう少し散歩したいんだけどな。。。



仕込みも順調。

明日も仕込みで明後日本番です。

昨日の夜は大使館の方々がディナーに招待してくれました。

美味しかった。

ごちそうさまでした。

自分らしく生きるということ 2017.11.6

自分らしく生きるという事はどういう事なのかよく考えます。

少し前に友人の占い師に見てもらったら、石井則仁らしくという固定観念が僕にはあるようで、それは自然ではなく、自分で頑張ってしまっているみたいです。それを見直さないと次のステップに行くのに時間がかかると言われました。

たしかにな、と。

では自然に自分らしく生きるとはどういう事なんでしょうか?

もともと僕は結構な快楽主義者です。(勘違いしないでください、やらなきゃいけない事もちろんやりますが、基本やりたく無い事をやらないように済ませるという事も含まれています)

上記の快楽主義者というの説明に関しては澁澤龍彦の快楽主義者の哲学を参照して下さい。僕の考えはこれにとても似ています。

だからと行って誰かを傷つけてまで生きるという事は基本しません。

この快楽主義が石井則仁として位置付けていたのか、それはわかりませんが、石井則仁ってこういう人間でしょ!!って考えが勿論ありました。

最近は一つ一つ、本当に自分がやりたいのか、本当にその人と繋がっていたいのか、色々な物事に対して考えるようになりました。

そして必要無い事は省くかやらない。

自分の自然な快楽主義を大事にしたいと思います。

カルタヘナのダンスカンパニー作品鑑賞 2017.11.5

今日の夜はカルタヘナのダンスカンパニーの作品を見に行きました。

カリ・ボコタ・カルタヘナから集めたダンサーで構成されていて、若い子は結構若かったんだと思います。

まぁ僕としてはコロンビアまで来て作品を見るならやはり現地の香り漂うものを見たかったのですが、残念ながら身体性がバレエベースでした。

ましてやバレエベースの身体性で観客を魅了するには相当な鍛錬と技術が必要なので、その辺も残念でした。

僕としては体がもう一歩外に行かない部分とかを見てしまうのですが、他のメンバーそうではなかったみたいで意外と満足しているようでした。

で、そこで考えたんですよね。

もちろん僕の考えはただの一理であって一般客基準の見方では無いし、他のプロのダンサーとの見解もやはり違うと思います。

ですが、やはり何かを見た時に自分の最高が思う最高を求める。

で、多分この考え方は普通なんだけど、意外と自分の周りとギャップがある。

そのギャップをひしひしと感じました。

でもだからといって周りに合わせるのもめんどくさいので合わせないんですが、世界は意外とレベルが低く形成されているのかと思いました。

そう考えると今ではあの作品がどうだったとか色々腹割って話せる友人というのは少ないんだなと思いました。

ああだこうだ話しながら酒飲める親友に会いたいぜ。



Cali公演終了 2017.11.4

無事に終わりました。

何事もなく。

何事も無い事はいい事ですね。

今日も時差ぼけできつかったです。

でも無事終わってよかった。

即寝します。

お休みなさい。

Cali 初日終了と報告 2017.11.3

無事にTOBARI公演、初日終えました。

もう日本ではニュースにも出ているので想像もつくかもしれませんが、今回のツアー、早い段階で天児さんは帰国し、天児さんなしでツアーをまわっています。

TOBARIの天児さんのソロシーンは別のダンサーがやりました。

なので初日を無事に終えてみんな一安心という感じです。

タイトルに報告と書いて詳細は細かく書けないんだけど、天児さんの体調不良の為、今後の山海塾公演の予定は大幅変更になりそうです。

来年5月にも世田谷公演がありますが、もともと山海塾ファンの方には嬉しい演目では無いんでしょうか。

お楽しみにしていてください。

今日聞いた僕もびっくりでした笑

お楽しみに♪



高見と出会う 2017.11.3

僕は今年の7月に事故をして怪我をしてから絶望を味わいました。

事故って入院して何もできない状況のなかで人生で初めて惨めな思いをしました。

事故が発端で人間関係も崩れ、プロジェクトなどもクビになりました。

人生で初めてどん底に落ちました。

でも、どこかでこの機会を活かさなければいけないと思っていました。

この経験を自分の人生の糧にしなければいけないと思っていました。

このブログを読んでくれてる方、自分をもっと高見に行かせるためにはどうしたら良いか考えたことはありますか?

僕はそれを考え、捨てる決断をしました。

次のステップにいくために環境を変えなければ新しいことに出会えないからです。

新しい事や人にです。

なのでSNSをやめました。

それで今日思ったのは自分を高見に行かせるには何が必要かです。

今の状況に満足してる人が大多数なのが世の中ですし、心のどこかでもっと良くなりたいと思っていても、現実的な仕事や作業に追われて行動に移せない人が大多数です。

そういう人がまだまだ社会を形成しているので、エネルギーを持っていないとその社会の方向性に引っ張られます。

ここ最近も無意識のうちに自分の心が引っ張られている事に気付きました。

僕はもっと高見に行きたい。

僕にはエネルギーの強い人に出会う事が必要だと実感しました。

天狗になるわけでは無いですが、事故の前は僕はとてもエネルギーの強い人間でした。

事故後はそれが消えてたのが今日ふと認識しました。

エネルギー高い人と今すぐ出会いたい衝動にかられました。

帰国まで3週間もある。。。

様々な言動を見ていると、その人の本質がわかります。

雰囲気で感情の変化やどう思っているかを肌で感じます。

少し疲れました。

もっと寛容で許容が広く俯瞰して物事を見ている人間と出会いたいものです。

人として幸せとは何か、戦後からの洗脳教育・洗脳された環境に侵されてない、脱穀できる人とだけで生きていきたい。

変化 2017.11.2

11月に入りましたね。
 
今年も残り2ヶ月となりました。
 
僕としてはいろいろあった今年を早く終えたいものです。
 
今月末の新国立劇場での公演、正式にうちのボス、天児さんの降板が正式に発表されましたね。
 
自分が発端ぽいけど、山海塾も今年はいろいろあります。
(特に僕の事故での降板以降)
 
これから山海塾もいろいろ変わっていきそう。
 
多くの人が環境を変えることや捨てることを怖がったりするけど、実際現実なんてやってみたら自分が適応していくものだし、自分が変化すれば環境への対応も変化していくもの。
 
まだ来年のことは考えてないけど、もっと環境を変えたいと思ってます。と言うか願ってるに近い笑
 
時期が来れば必要なことが起こると思います。
 
良いことも悪いことも。
 
そうなった時にちゃんと自分と向き合うことを大事にしたいと思います。

仕込みからのパフォーマンス鑑賞 2017.11.1

朝から仕込み。

寝不足と時差ぼけです。。。

ジョージアを経てからの仕込みだったので、現地スタッフの笑顔とどんどんやってくれる感じに山海塾メンバー感動してました笑


問題もなく仕込みはすんなり進み初日は終了。

夜にはサルサのパフォーマンスがあるというので見に行きました。が、行ってびっくり。

入り口から見世物小屋的なものが並んでて、ロシアのホドロフスキーの映画のような感じ。

みんなはあまりその雰囲気が好きじゃなさそうだけど、俺は結構好きでした。

21時に始ま流と聞いてたけどなかなか始まらず、パフォーマンスが始まったのが22時。

入り口がサーカスチックだからサーカスのパフォーマンスかと思ってたらベースはサルサでした。

動画はインスタグラムにアップしたので、皆さん是非見てみてください。

ラムやパスティス系の会社が協賛してるおかげでタダ酒。

帰りにはみんな時差ぼけで疲労困憊になってました。

明日も朝から仕込みです。

早く時差ぼけ治らないかなぁ〜。。。

2017.10

フランクフルト→ボコタ→カリ 2017.10.31

フランクフルトからボコタまで11時間フライトでした。

映画三昧。

さすがに疲れました。。。

びっくりしたのが飛行機が飛んで安定してからトイレに行こうとしたら腕を掴まれ、誰かと思ったらなんとイスラエル テルアビブのスザンヌデラールセンターのディレクター ヤイルさんでした。

びっくりしすぎて声が出なかった。

4年ぶりの再会です。

同じカリに向かうみたいです。

本番も見にきてくるようです。

昼に乗ってボコタに着いたら夕方18・時。(ドイツとコロンビアの時差は6時間)

だけど、体は夜の12時。

まだ31日だったので空港のお店の定員はみんなハロウィンメイクでした。

ボコタからカリまで1時間フライト。

着いたらみんなクタクタでした。

ホテルに着いて寝る頃には夜中1時でした。

明日からはTOBARIです。


Facebookやめました 2017.10.30

思い切ってFacebookやめました。

事故後にいろんな問題が起き、これを気にミニマムにストロングに必要最小限に生きようと決めた結果です。

会ったことない人と多数繋がり、数年もあってない知人が多い。

人の精神の許容範囲は広くできると思いますが、物事や人を持てる量は決まってると思います。

今の時代は情報過多だし、だからこそ内観をする生活が必要だと思います。

外より内を大事にしないと自分が社会に殺されるとも思います。

ビジネス的な部分で個人アカウントを閉じることはあまり良くないとも思ってますが、ひとまず閉めてみました。

でもオフィシャルのFBページは残ってます。

友人がちょこちょこアップしてくれることになりました。

今まで会った方々、もう合わないかもしれませんが、必要なら再会するものが出会いであり繋がりだと思います。

世界のみなさん、さようなら。

また会いましょう。


フランクフルト 2017.10,30

まだ疲労回復してない体を無理やり起こし、トビリシ→イスタンプール→フランクフルトに移動しました。

コロンビアまで飛ぶんだったんですが、どうしても便がない為エアーポートホテルで一泊。

飛行機移動でも疲労困憊。。。

フランクフルトに着き、夜はラムのステーキを食べたんですが、本当に美味しかった。

トビリシの食事や人の環境に結構ストレスがあったのでマジで癒されました。

トビリシの食事は味が濃くて塩っぱい。。。

なかなか箸が進まない。

お腹いっぱいにならなくてももう食べたくないって感じでした。

劇場のスタッフさんも基本ドヤ顔であまり仕事してくれない。

フェスのスタッフもしゃべってばかりであまり役に立たない上に仕事が遅い。

そんな環境だったので、空港のレストランの飯で感動し、定員さんの接客態度に感動でした笑



ネットで調べたら昨日の公演写真が早速出てました。

早い!!

Tbilisi 本番終了 2017.10.29

はぁ〜。。。本番終わりました。

緊張した。

そして多分俺下手くそだった。。。

来年6月にリベンジだな。。。



金柑少年は生きてる孔雀も出演するんだけど、今日のクジャクは静かだったな。

ずっと同じところに座ってた。

いつもは美術で使ってるお米を食べてたりすんだけど、腹一杯で出演してたのか、舞台上にうんこもいっぱいあった。

来年の6月の一週目に世田谷パブリックシアターに金柑少年公演するので皆様是非見に来てください。

明日は移動だ。

早く寝よ。

仕込み二日目 2017.10.28

今日は昼から台組。

金柑少年、大変ですね。。。

仕込みの量が半端じゃない。。。

基本大道具で仕事をしている人間ではないのでテンパりました。
(山海塾は踊り手自ら仕込み道具をつけて仕込む為)

思いの外仕込みに時間がかかったり、照明も環境的にもよくないみたいで時間がかかり、結局舞台上で稽古できたのは少しでした。

稽古場で場面通しはしましたが、距離感や場位置は少し不安が残ったまま今日は終了。

振付は問題なく思い出せたので良かったのですが。

明日は本番。

ぶっつけに近いですね。

大きい失敗がないことを祈ります。




Tbilisi 仕込み 2017.10.27

今日仕込みでした。

一言で言うなら、、、大変でした。

何が大変かって、ここの劇場で経験したからといってジョージア全体に例えては言えないんですが、国柄というかなんというか。

まずさぁ仕込むぞってなった時にトラックの運転手がいなくて荷物が出せない。

税関関係が関与してて開けれないのかともメンバーないで話が出たんだけど、結局待っても待っても来ずに無理やり開けて搬入開始。

搬入エレベーターで2往復したところで、エレベーターから焦げた匂いがしてストップ。

エレベーター使えず、別の小さいトラックを呼んで積み込み替えして別の搬入口から搬入。これを2往復。

現地のスタッフさんはとにかく喋ってて、あまり手伝ってくれない笑

上に誰かかやろうとしてることが遅いとこっちのメンバーが手を出すと出すな出すなと言われる。笑

搬入に人数が入ってしまい舞台上に現地さんがいなくなったから、こっちのメンバー・スタッフが現地のテクニカルディレクターにこき使われる。笑

どっちがゲストなんだ?って感じでした笑

途中で気付いたんだけど、日本語できる子が何人かいるのに、通訳してくれるまで時間がかかった。。。

金柑少年、ただでさえ仕込みが大変なのに。。。

結局今日は稽古ができず。。。




照明も機材がもともと足りないみたいで大変みたいです。

夜はフェスティバルディレクターから招待して頂いて食事会でした。



美味しかった。

数分でしたけど、ジョージアの伝統舞踊も見れてよかったです。

明日も仕込み。

荒通しできるかなぁ〜。。。

金柑少年 2017.10.26

今回トビリシで公演する作品は「金柑少年」。

クレイジーで僕の大好きな作品です。

過去に3回しかこの作品に出たことがなく(今ではなかなか再演されない為)、いつも振起こしが大変。。。


日本では去年、北九州芸術劇場で再演しました。

こちらはまだ天児さんがソロをやってる時のダイジェスト映像。

今回一回公演のみ。

大事に舞台に立てたいと思います。

来年、東京でも見れるかも?



昔の金柑少年のチラシをネットで発見

Georgia Tbilisi 2017.10.25

街を少し散歩しました。




いつでも路上マーケットやってるみたいです。

もっとゆっくり見たかったけど、まだこっちの現金(ラリー)を持っていなかった為、欲しくなっても買えないのでサッと見。

ジョージアン料理は全体的に味が濃かったり塩っけが強いです。

お酒が進みやすい。

気をつけなければ。

Jóhann Jóhannsson 2017.10.24

今日の朝方3時半に空港に着き、ホテルについて寝たのが朝方5時。

直色を食べるために起きたけど眠いし、疲れてて動く気も出なく、ひとまずゴロゴロしながら映画「メッセージ」を見る。


最近レンタルで新作で出たやつですね。

映画の中からもまたインスピレーションを受け、それを舞台で現実化するにはどうするんだろうと見終わった後考えてました。

何よりこの映画のサントラがすごいよい。

たまたまiTunesで聞いてるうちに映画を観る前にこの作曲家?に出会ってるんだけど、この音楽家のアルバムが本当にいい。

Jóhann Jóhannsson

心地いいのでリリラックスするときやWSなどでも使ってます。

皆さん、是非聞いてみてください。

移動とパプニング 2017.10.23

今日はジョージアのトビリシへの移動でした。

マルセイユ空港までバスで移動し、さてチェックインだという時に、警察が大声で外に出てと叫び始め、何かと思ったら爆弾チェックでした。

こんなことあるんですね。

まじ?と思いまがら一先ず外に出ましたが、少ししたらもう少し離れて!!と。

さらにもう少ししたらもっと離れて!!と。

離れたところでもし大きい爆弾だったら完全に危ない距離で待機してましたが笑

1時間以上外で待ってましたが、風は強いわ寒いわで結構体にこたえました。

結局真相はわからないんですが、処理班らしき車も到着し、最後は3・2・1・ボン!!と聞こえて終わりました。

何?ボン!!ってって感じでしたけど。。。

いやあるんですね。。。ヨーロッパは多いそうです。

日本では早々無いことだと思うので日本って安全なんだなと思いました。

飛行機も出発は少しだけ遅れ、乗り換えも短い時間だけどうまく住んで夜中の3時半にジョージアのトビリシに到着(フランスとの時差は2時間)

爆弾処理待ちの時の寒さに答えたのか疲労困憊でした。

トビリシでは金柑少年を上演します。

思い出さなきゃ。

でも今日はおやすみなさい。


予感 2017.10.22

舞踏の始祖 土方巽の愛弟子 舞踏家 和栗由紀夫さんが亡くなられたそうです。

過去に大橋可也&ダンサーズに所属している時に一度だけWSを受講しました。

いつかまた学びに行きたいと思っておたのですが、間に合わず。。。

組織としてしっかり残っている舞踏カンパニーも山海塾と大駱駝艦だけですし、個人でやってる先輩方はまだまだいますが多くはありません。

その流れで僕の世代で舞踏をやっている人たちがどれぐらいいるのかといえば少ないです。

それゆえに即興の方が多いので、舞踏の精神性がどこまで受け継がれているのかはわからない現状です。

舞踏は精神と創造/想像から始まり、それが型になり、それを羅列することで振付になるものだと思っています。

もちろん精神性があれば舞踏にもなるんでしょうが、今までの大先輩方が築き上げていった振り付けや型がこれから残っていくのかといえばかなり心配な部分であります。

海外では舞踏は大人気です。

多くの人が興味を持ち、WSを受けに来ます。それこそ白髪のおばあちゃんまで来たことがあります。

です海外勢の多くは少しWSを受けただけで、その時の講師を師事し、弟子のように学んだとプロフィールに書き、活動している人が多いです。

これもまた問題点の一つです。

舞踏を残していく為にずっと考えてるプロジェクトがあります。

一人ではできないと思い、ずっと止まったままですが、やはり動くべきなのかなと思い始めました。

誰か手伝ってください。

ちゃんと時間を自ら作って学びに今後は行きたいと思います。

和栗さん、ご冥福をお祈りします。


Lasaret 2017.10.21

Seteの隣町、Lasaretの海辺を散歩。

やはり景気としてもサウンドとしても落ち着きます。



このあと夕方前から霧が出てきて視界が悪くなる海辺の中で、子供連れの家族が遊んでいたり、犬の散歩している人がいたり、靄のかかった世界が綺麗でした。

その世界を見て、一ついいアイデアをゲットしました。

インスピレーションは日常から生まれる。

Input 2017.10.20

心動き興味湧く芸術家にまた出会いました。(現実では出会ってません笑)

今日読み終わったんですが、最近出版されていた赤坂憲雄著作の「性食考」の後半に記載されていた華道家 片桐功敦さんに何故か興味が湧き調べたところ、心奪われました


素晴らしすぎる。。。

今でも何故なのかはわかってないのですが、元々花には興味があり、いつか何かやりたいとの思いから花を使ってのインスタレーションを今年松本で開催しました。

でも今でも何故花に興味が湧くのか自分でわかってない部分があります。

まだまだ帰国が歳なので片桐さんの写真集を見ることはできないですが、帰国したら買いたいと思います。

いつか片桐さんとお会いしてみたい。

誰か紹介してください。

質量 2017.10.19

僕は作品を作るときに全体の質量を考えます。
 
質量というのは情報量に等しいことでもあり、でも情報量だけとも言い切れない部分もあります。
 
全体というのは作品の全体のことでもあり、各シーンのことでもあり、その中での人・存在・踊り・ベクトル・照明の光量・照明の見え方・色・音楽・音量と細かいゲージを全てどのタイミングで構成し成り立たせ、それが客観的にどう見え感じるかということをもとに考えます。
 
ここ最近、日本の美を追い求めてる中でこの動画を見つけました。

まじでかっこいい!!というか素晴らしいクオリティー。

かっこいい!!の何者でもない。

だけどその後にこれを見ました。

正直、とても残念でした。

実際生では見れてないのでなんとも言えないのですが、映像とは良いところも悪いところも全て半減する上に芸術は人それぞれ好き嫌いがあります。

ですが、僕はこのボレロは残念でしてた。

最初の三番叟がじゃあなぜよかったのかというと、やはり能の世界の中で現代アートが入ってきたから新しく、新鮮に見えたんだと思います。

三番叟は生で一回しか見れてませんが、元々あれは完成されたもので、全体構造の中での「余白」も成り立った上で素晴らしいものなんだと思ってます。

その中に現代的な映像が入り、照明が計算されてる。

古典をフルに生かしながらこの時代に合わせて社会に提示しているものだと思いました。

ですが、ボレロは能というものを使いながら音楽がボレロなので、音楽の情報量が多い。

それに合わせて能をやるにはやはり動きが足りないと正直思う。

所謂、音の質量に対して、身体の質量が足りないという見方です。

作品としてはコンセプチュアルなんだと思うけど。

いろいろな相性もあると思うし、各々の質量に合わせてどういう身体性と踊りと存在を持ってくるかだと思います。

別にディスってるわけじゃないです。

自分のために研究してるんです。

このボレロで感動した人も多くいる思います。

自分が作品を作るときはいつも「質量」の計算です。

自分の主観を客席に置いてみたときに見れるかという判断です。

何がどうなって「強度」のある作品になるのか、もっと勉強しなければ。

この動画の三番叟のような作品をいつか作ってみたいと夢見ながらもこういうものは多分自分では作れないので、自分なりのものを将来作りたいなと思います。

野村萬斎さんの三番叟、生でみたい。。。

やらない 2017.10.18

毎日やることはある。
 
生きている以上やることは増えていくばかり。
 
だけど、やらないという選択をする。
 
「ちゃんと」やらない。
 
ベットの上でゴロゴロする。
 
舞踏的に言ったら、体が液体化して溶けてベットに染み込んでいく。
 
それほどダラダラする。
 
必要な時間。
 
意識がなくなり、自分が物質化する時間。
 
呼吸も浅くして、死んだ魚の目をして、九想図のように皮膚を溶かしていく。
 
物質化するということは意識も無くすということ。
 
無想。
 
これはもう座禅だね。
 
僕は逆に座禅をすると考え事をしてしまって「無」になることが難しい。
 
けどこの物質化すると、「虚」に成れる。
 
「無」と「虚」は同じであり、違いがある。
 
モノクロの無限階調と同じようなもの。
 


Sete公演終了 2017.10.17

無事に終了。

一回公演でしたが、自分の状態もよく、気持ちよく踊れました。



舞台上は狭かったけど、客席から見ると綺麗。

作品「MEGURI」は基本多動性で動くので、少しでも緊張してると腰が浮いててアンバランスになりやすい傾向があります。

膝をしっかり曲げ、腰を落とす。

それを1mmでもやるかやらないかで体の状態や安定さは変わるんですね。

今年のMEGURI公演は11月末に新国立劇場で行う公演のみです。

皆さん、是非見に来てください。

Input 2017.10.16

ここ最近で刺激になったものを僕のブログ読んでくれてる人達に知ってほしいので紹介したいと思います。

杉本博司のドキュメンタリー映画「はじまりの記憶」

杉本博司さんの本は多分ほとんど読んだけど、本当にコンセプチュアルで本当に見入ってしまう。
 
世界が本当に評価をしてる芸術家が作る作品というのは確実にコンセプチュアルではあるんだけど、何より圧倒的ビジュアルも兼ね備えてると思う。
 
どれだけビジュアルが大切なのか、ここ数年で出会った芸術界隈の人達に行ってきたけどほとんど理解されなかった(自分の説明も下手なんだが)
 
でも結局、お客さんはついてきてくれてるけどね。
 
日本のダンスシーンの多くはビジュアルかコンセプチュアルか別れる。
 
どちらも兼ね備えてる人はやはり少ないと思う。
 
特に個人でやってる人は。
 
ここ数年で日本の美学や古来の芸術に興味が湧いてずっとそれ界隈の本を読んでます。
 
天児さん(山海塾)から直接話を聞いてるわけではないけど、やはり型や言葉を聞いてるとかなり精通しているし、杉本博司さんも基本は日本のアイデンティティーや美が根本にある。
 
まだまだ自分の血肉になるには時間がかかるけど、世界で通用する石井則仁になるように勉強し続けようと思います。



Sete仕込み 2017.10.16

仕込み日でした。
劇場までの道のりは何となく記憶にあるもののあまり思い出せない笑








MEGURI公演は今ツアーここが最後です。

明日の本番、頑張りたいと思います。

いや、頑張らずいつも通りに。


Sete 2017.10.15

今日は移動日でした。

港町Sete

数年前に一度来ていますが、全然覚えがないです笑

部屋。シンプル。

電話が可愛い。

明日仕込み。明後日本番でまた移動です。

まずは仕込み。

4年ぶりの再会とToulouse公演終了 2017.10.14

4年前に来日一緒にプロジェクトをやったフランスの振付家 Christophe Le Goffが昨日家族で本番に見に来てくれ、今日ランチに招待してくれました。







美味しかった!!
本番前に肉なんてそうそう食わないんだけど、エネルギー必要だったためがっつり。

可愛い!!

いろいろ話せてとてもよかった。

英語の勉強にもなったし。

彼は明日、「精神の日」らしく、6時間座禅をするみたいです。

自分も久しく「喋らない日」をやってないので帰国したらやろうかと思います。



腹が膨れた状態で劇場へ。

なんとか無事?に本番終えました。

明日にはセッテ/seteに移動です。

昨日今日の公演のポスター。

Toulouse初日 2017.10.13

初日、無事に終わりました。

本番な気もしないし、緊張しないし、良いんだか悪いんだかわからなくて逆に不安になりました。が、無事に大事もなく終了。

事故後復帰初山海塾公演だったので、帰ってきたって感じでした。

頑張ろうとせず、いつも通りに明日の本番もこなしたいと思います。

明後日にはSeteに移動です。

ツアーは始まったばかり。

怪我なく無事に終えれるように頑張ります。


Toulouse 2017.10.12

家から考えたら20時間以上かかりフランスのトゥールーズに到着しました。

11日の夜10時ぐらいにホテルに到着して、今日は朝から仕込み。

ここでやる作品は「MEGURI」

ここ最近ずっとやってる作品なので仕込みも順調に進み、思い出し&確認稽古も問題なく終了。

劇場には数年前に亡くなった室伏 鴻さんの写真も飾ってありました。

明日に本番です。
頑張ろうとせず、いつもの自分で臨みたいと思います。

ツアー開始 2017.10.11

今日から山海塾ツアースタートです。

今回はフランス・ジョージア・コロンビア・エクアドルにいきます。

1ヶ月ちょいのツアー。

7月の事故で台湾公演を飛ばしてしまったので、なんか懐かしい感じ。

成田着いて、早速ビール。

いつもの事です。

山海塾は長い間いろいろな場所に行き、怪我やら事故やらをたくさん経験している中で継続しているカンパニーなので、寛容。

俺の事故の話も酒のつまみになるぐらい。

落ち着きます。

移動時間16・7時間だったのかな?

ミュンヘン乗り換えでフランスのトゥールーズにつきました。

明日は朝から仕込み。

頑張りたいと思います。

観劇三昧終了 2017.10.10

ここ最近観劇三昧でした。

ここに書いてない見に行った舞台もあるので書いて残したいと思います。

先週、大衆演劇を見に行きました。

浅草の木馬館。



見たのは、劇団荒城(こうじょう)。

初めて見た大衆演劇だったけど、この劇団は結構現代色も入れてる劇団なんだと思う。

全部で3部あり3時間でした。

客層は若い子もいたけど、基本年齢層高めでした。

最初はThe大衆演劇って感じで始まったけど、即興で笑いの部分もあり、昔からのキメるところもキメる。

2部では多分昔からある大衆演劇のショータイム。(おひねりをもらう時間)

昔馴染みの歌謡曲でショーをするのもあれば、最近の曲でショーパブのようにやるのもあって、お客さんは大盛り上がり。

幾ら渡してるの?ってぐらいもらう演者さんは貰っててマジでビックリ。

3部はコテコテの大衆演劇。恋愛もので心中もの。だけど、クリムトの作品「抱擁」を舞台奥に設置しているという斬新さ。そして心中の後のシーンで彼岸花の綺麗な着物。

大衆演劇と言えど、芸術でした。

そして何より男優さんの女形の素晴らしさ。

多分年齢はそんなに自分と変わらない。

あの表現力は本当に感動しました。

これから女形の研究したいと思います。

また機会があれば劇団荒城、見たいと思います。


そして、もう一つ、久々に大駱駝艦の本公演を見に行きました。

超人

山海塾とは全然違う色。方向性。見せ方。

久々に見て歌舞伎だなと思いました。

伝統の舞踏がありながら新しいものを取り入れていく。

山海塾とは真逆だなぁ〜と正直。

スペクタクル。これがしっくりくる作品。


ストリップ・大衆演劇・能と狂言を見て、伝統ある空気感や昔からその場に備わってる空気感というものが自分は好きなんだなと認識しました。

大駱駝艦はちょっとそういう空気感ではなかったけど、一貫しているのは伝統や師がいるという事。

自分が過去から作られた道に立ち、その延長線上に歩いている事を幸いと思いました。

新しい事やものは突発的には生まれないからです。

師を持っている事を幸いと思いました。

学ぶべき(盗むべき)相手がいる。

温故知新。この言葉が今自分にしっくりくる感じです。

過去を学んでいこう。

断捨離 2017.10.9

また断捨離の話です。

今日は妹と家の中を断捨離。

特に靴と本。

本は今ではときめかない本を選出しブックオフへ。

約60冊売って3000円ちょいになりました。

靴ももう履かないだろうものを三足ほど捨てました。

物がなくなるというのは気持ちいですね。

人間の許容範囲というのはあまり大きくならないと思います。

なので持てる物事人も限りがあると思います。

自分はどれぐらいその「もの」達を持てるのか、自分を把握することが本当に必要だと思います。

人間欲深いから大変なんですが。

いろんな事を整理してます。

まだまだ終わらないし、本当にそこまでするべきか?と考えてしまうんですが、なくなったらなくなったで環境に適応し人間生きていけるものなので、飛び込んで行ってみようと思います。

入院中にフィルムで撮影した写真

三番叟 2017.10.8

今日は友人に誘っていただき国立能楽堂に能を見に行きました。

ずっと興味を持ってたけど、なかなか今まで機会がなく行けなかったので、本当にうれしかったです。

特に初見で三番叟を見れたことは勉強になりました。

三番叟は「能にして能にあらず」と言われるものでして、始まる直前から見所に入ることも出ることも禁じられるという一つの申請な儀式です。

三番叟だけで1時間ありました。

もっと研究したい。

もっと見に行きたい。

先日読み終わった白洲正子の「世阿弥」にも三番叟のことが書いてあったので再読したいと思います。

ワークショップ in 東京 2017.10.7

久々に東京でワークショップをしました。
 
嬉しいことに参加者は20人。
 
海外の方たちも受けに来てくれました。
 
実際英語は苦手なので、使う単語を事前に調べるが文法がハチャメチャ。。。
 
でも拙い英語と身体でなんとか伝わった気がしてます。
 
今回のテーマは「脱力と律動」。
 
舞踏(特に山海塾舞踏)をやってから思うんですが、人間って基本テンションを使って生きてるので日頃どこまで脱力(息抜きや休み)をしているかによって体って変わってくるんですよね。
 
勿論脱力が上手い人もいるんですが、どこかで無意識に自動立になってしまう。
 
それは生活環境の中で無意識に入りやすくなってしまっているのかもしれません。
(例えば口の中はいつも噛んでるとか。本当は顎はぶら下がっててちょいと歯と歯の間が空いてる方がいい)
 
律動は簡単そうに見えて意外と難しい。
 
そしてみんな結構頑張って大きく動かしてしまう。
 
僕の舞踏哲学は山海塾がベースですが、120%脱力してから微細にエネルギーを使っていくことから始めるので、多くのダンスとは異なります。
 
興味がある方は是非次回受けに来てください。
 
11月にワークショップやろうかなぁ〜


カナダのアイスワインを差し入れでもらいました。
マジ美味かった。

Xingni Liさん、ありがとう!!


転換/変換 2017.10.6

皆さんは嫌なことがあったりするとどうしてますか?
 
お酒を飲みますか?
カラオケにいきますか?(僕は全く歌わないので行きません笑)
旅行に行きますか?
 
僕は結構冷静になるようにまずは落ち着けます。
 
水シャワーを浴びたり、読書をしたり、映画を見たり、美術館に行ったり。
 
まぁ最近やっとそうするようにしてきてますが。
 
僕は結構今まで根に持つタイプだったので、一度憎しみを持つと数年経っても消えない。。。
 
これが自分としてはやはり嫌なんですが、なかなか許せない。
 
勿論そんな感情を持った所でいいことがないので思い出さないように過ごしたりしてます。
 
ですが、やはり仕事上SNSなどでその対象者関係のを見ると思い出すので、その時は自分の怒りや憎しみのエネルギーを使って「最高な復讐」をしようと思ってます。
ここで読むのをやめないでね。誤解が生まれる。。。
 
僕の「最高な復讐」というのは
 
・その対象者よりも面白いことをやって
・その対象者よりも社会から周りから面白いと思ってもらい
・その対象者よりもお金も稼いで
・その対象者よりも周りに影響を与えて
・その対象者よりも人として幸せになる
 
です。
 
怒りや憎しみは本当に無駄にエネルギーを使う感情です。
 
その感情が出てこないように努めますが、そうもいかない時があるのが人生です。
 
なのでちゃんとその感情と向き合って、方向性を変換・転換し、自身のプラスになるように働かせる。
 
これほど最高な復讐はないでしょ?
 
皆さんも負をプラスに。
 
※「最高な復讐」だけを言うと誤解を生むので気をつけて下さい。

昔に撮影した花火

T Magazin China 2017.10.5

9月頭に撮影した写真が雑誌に掲載されました。














山海塾新作試し稽古中での撮影、早朝と夜とで二日間かかりました。
 
これ、日本では手に入らない可能性が高いです。。。
 
洋書で探したらあるのかな?
 
是非探してみてください。

Time Out Tokyo 2017.10.4

フリーペーパー雑誌 Time Out Tokyoにインタビューが掲載されました。


日本にきた外国人向けの情報誌です。なので全文英語です。

どこに置いてあるのかわかりませんが探してみてください。

再会2 2017.10.3

写真家の花代さんの事務所にお邪魔させていただきました。

渋谷のど真ん中にある築100年の2階建の家でそれはそれはいいところでした。


事務所にお邪魔させていただいた理由は初めて一緒にお仕事させていただいた時の写真作品のデータを頂く為。

ヨーロッパ(どこの国か忘れた)の雑誌「MOTHER」


メインモデルは福島リラさん。

2014年に発行されたものに写ってます。





あの時はちょうど今ぐらいの時期で褌一丁だったから寒くて寒くて本当にきつかった。

取り寄せないと手に入れるのは難しいと思いますが、もし見つけたら是非見てください。

刺激と再会 2017.10.2

昨日今日と久々に友人達に会っています。

昨日はVMDの浅木さん。

VMDがわからない方はこちらをどうぞ。
http://www.javma.com/about/vmd.html

ファッション業界のノウハウは疎かったんですが、環境や社会やビジネスとしてはどれも考え方は一緒なので、とても勉強になりました。

自分が思ってるより社会ってのはしっかりしてないんだと。社会人ってしっかりしてないんだと。

ちゃんと将来性を考えてビジネスしてる人って本当に少ないんだなと思いました。

多くの人が感情論や流行りで物事を進める。

もっとこう言う話聞きたい。

ファストファッション業界もかなり未来がないみたいです。

ここ近年地道に頑張ってきたけど、やはりどう金計算しても助成金に頼らないで芸術をやっていくのは難しい。

ましてや一人でやってても業界は変わらない。。。

まだまだ課題多しです。。。



そして、今日は占い師の梅嶋さんに久々に再会しました。

事故以来、流れが本当に悪いので見てもらいました。

まぁ思った通りでした。

結局休みが必要みたいです。

そして自分の根底にあるものを再確認したほうがいいと言われました。

「自分の体の輪郭と雰囲気の輪郭を見たほうがいい」と。

明日からもう少しゆっくり過ごしてみたいと思います。

一本歯 2017.10.1

今日から10月ですね。
心機一転、今日を区切りに再度頑張ろうと朝起きて思いました。
 
先日友人がはまっているものを誕生日プレゼントでもらいました。

数時間、散歩してみました。
 
一本下駄を履いてると早く歩けないので物事はいつもより少し遅くなります。

その分周りのものに意識を向けるし、発見がある事がとてもいい。
 
視覚だけでなく聴覚と嗅覚もいつもと違う発見があります。
 
数時間歩いたらさすがに疲れました。
 
疲れるって事は体の使い方が悪いんでしょうね。
 

もちろん歩くのも難しいし、どこの筋肉が足りないとか体の使い方がダメな部分に気づきます。
 
一本下駄は健康にいいみたいで、どこかの小学校では授業で履くこともやっているみたいです。
 
皆さん、機会があれば是非♪


Photo by Makiko Kumagai

2017.9

Input 2017.9.30

皆さんはどれぐらいの頻度でインプットをしてますか?
 
今日はインプットの為、六本木アートナイト2017へ見に行ってきました。

見た数は少なかったですが、久々にインプットしたらもっと吸収したくなりました。
 
インプットなくしてアウトプット無しです。
 
知り合いも何人か出演してました。全部見れなかったけど。
 
久々に青山ブックセンターにも行きました。

情報がいっぱい。
 
あまり読書するのは早くないんですが、本を読むのは好きなので、もっと買い漁りたかった。
 
いい言葉を発見。



もっとインプットしなきゃ。

世阿弥 2017.9.29

久々に今日は家でゆっくりしながら読書やら作業をしました。
やはり家はいいですね。
自分の部屋や家を住みやすくしてますか?
なるべく落ち着いて仕事がしやすかったりちゃんと休息が出来る環境にしたいなといつも思ってます。あまり家にいませんが。

話は変わり、途中で止まってた白洲正子の「世阿弥」を再読し始めました。

全ての舞台表現者に通ずる演者としての心構えや芸術家/表現者としての在り方、さらに哲学として深みにある幽玄や序破急など細かく書かれています。

再読し始めていい言葉をさっそく発見しました。

「正直に真似るとは、そのものの真実を捉えることだから、弱い筈のものを強く演じれば、偽りの姿になる為、強くはなくて、荒くなるのである。」

「余計なことを考えず、ひたすらよく似させようとだけ心がけるがよい」

これはわかる人にはわかると思います。

多くの人が誰かを見本にしながら活動していく中で伝統芸能のようにやっていくことは少ないですが、先生を持ったり師匠を持ったりすることの極限はこれなんだと思っています。

だからと言ってずっと誰かのコピーとかではなく、こういうことを継続していく上で、自身の色やアイデンティティーを見つけるものだと思っています。

僕は幸い師匠と出会えました。

みんなが師匠を持つべき!!というわけではないけど、別分野の師匠を持ってる方と話をすると幸いだなと思います。

もし、こう成りたいと思う人や事があれば全ての解読をしてみてください。
そこから自分も道が開けると思います。

静寂/陰 2017.9.28

松本は雨が降ったせいか冷え込み、冬の匂いがしてました。
連れて行ってもらったお蕎麦屋さんが広い日本家屋の建前でとても綺麗だった。
日本家屋特有の風を孕む感じや、少し突き刺さる寒さがとても心地よかった。
静寂が漂い、陰がそこに存在してました。
こんな家に住みたいものです。






休暇 2017.9.27

皆さんは自分の休暇をちゃんと取ってますか?
今まで地方海外に行くときは絶対仕事を作ってたんですが、今回は急遽休暇のために長野松本に行ってきました。
単純に親友たちに会って飲む!!

 

結局仕事の話ばかりだったけど、何でも話せる友人は必要ですね。

皆さんもちゃんと休暇をとって休んでください。

帰国からの・・・ 2017.9.26

帰国して家に帰ることなくそのまま上野へ。

北九州のFU Photo & Designの写真家 木寺一路さんのマネージャー藤原さんがわざわざ打ち合わせしに東京に来てくれました。

木寺さんと藤原さんとは今年出会ってからすぐ意気投合し、フォトセッションや撮影を一緒にやらせていただいてます。

先月、佐賀の有田での1枚。Photo by 木寺一路

かっこいいでしょ!?

これから先のプロジェクトやら方向性、ましてや僕の今後の方向性など相談させていただきいました。
藤原さん、ありがとうございます!!

で、結局2軒目へ。

藤原さん行きつけのBarへ。

ザリガニを食べたほうがいいということでザリガニのスープをいただきました。

 

今ではちゃんとしたザリガニ料理は食べれないようです。

本当に美味しかった。

マスターも写真家らしく、求めている「青」を撮影しているそうです。あとオラウータン。
青?と思って話を聞いたんですが、撮影してる物自体が青ではなく、自然光が青になる瞬間がスウェーデンにあるらしく、それを撮影しているそうです。

そもそも自然光が青になるなんて想像つかない。

けど写真見せてもらったら青いんですよ。

本当にかっこよかった。

お金貯めて本気で作品買いたいと思ってます。

ってかまた飲みに行こう。

Tengyo Kuraさんという藤原さんの友人も紹介していただきました。

細かく何をやってる方かはわからないんですが、世界中飛び回ってるらしく、インドでは過去に白いうんこをしたことから伝説になり、今ではガンジス川の周辺に行くと人が寄ってきて足にキスされるそうです。

話を聞いてるだけで凄い。

すごいオープンマインドでエネルギッシュ。

いい出会いをいただきました。

藤原さん、ありがとうございます。

MOIRA 2017.9.26

パフォーマンスの写真を早速いただきました。





MOIRA = 運命
何の因果かもう交わることのない作品になりました。
人生
選択

最後のこのシーンが全てを物語ってます。



この作品は12月に神楽坂のセッションハウスで再演します。
皆さん、ぜひ見に来てください。

誕生日 2017.9.25

33歳になりました。

断捨離断捨離言ってたのに、たくさん買い物しました。









こんなに買ったら家帰ってもっと捨てないとな。

多くの方からメッセージいただきました。
ありがとうございます。

今年になってからいろいろあり、何を大事にするべきか考えてます。
でもやはり大事にするものは人ですね。
これしかない。
別に今まで大事にしてこなかったわけではないんですが、基本仕事関係のみみたいのがあったので。

夜には同じフェスで上演しているギリシャ人の演劇を見に行きました。が、言葉も通訳も全くわからなかった。。。
眠気との戦いでしたが、綺麗なシーンはいくつかあったので、ちゃんと記憶。

 


明日には帰ります。

最終日 2017.9.24

無事に全公演終わりました。がまた少し怪我をしました。。。
今年は怪我が多い。。。
でも無事に終わったので何より。

この期間中に知ったんですが、このテハンロ(大学路?)には劇場が約200もあるみたいです。
僕が知ってるのは経ったの3つ。。。
日本よりもフェスティバルが多いし、舞踊のでかいコンペディションで優勝したら徴兵制度も免れる国の文化政策。
それでも200はすごい。

台湾メンバーと真面目な話しができてよかった。
拙い英語だけど。

打ち上げは二次会まで。

ディレクターさんと今回声をかけてくれたOn & Off Dance CompanyのChang HoさんとDo yuさんに感謝多謝です。


二日目 2017.9.23

ずっと忙しかったせいか疲れが取れません。
朝も起きれないし、散歩する気にもならないし。
ちゃんとスケジュールに自分の休暇も組まないとダメですね。

二日目、本番無事に終わりました。
僕の作品は結構音とかきついので好き好みが分かれるんですが、お客さんの反応がいいのが嬉しいです。
お客さんの中で何かが芽生えてると見てすぐにわかります。
それとあまり宣伝してませんでしたが、友人たちが見にきてくれました。
嬉しい限りです。

そしてとにかくうまいもん食べてます。
と言うか韓国料理は基本美味しいんですが。
元気出ます。


 

 

残り一公演、頑張ってきます。

Daehangno Small Theater Festival 2017.9.22

初日、無事に終わりました。
そして友人たちが開催してるのではなかった。勘違い。。。

今回は三日間公演。
海外フェスで小作品上演(20分程度)を数日公演できることも少ないのでいい経験になります。
僕はあまり一度作ったものを場所が変わることによって変えることを好みません。
ですが変わらぬ演出の中ではブラッシュアップしていきます。
残り2公演、悔いの残らぬよう、お客の心にナイフを刺したいと思います。



覚悟と責任 2017.9.21

皆さんは自分の仕事ややりたい事にどれだけ覚悟と責任を持ってますか?
僕は芸術でお金をもらう時それ相応の何かを与え支払う覚悟を持っています。
そしてその何か提供する事に対してちゃんと責任を負いたいと思っています。
僕は芸術を社会に提示するという立場と僕以外の芸術家を使って世の中に提示するという2種類があります。
そして双方には生きていく為に制作が必要です。僕はこの制作をビジネスと言います。
僕は上記に記した事は本当に確実に必要だと思っています。

先月、女優の松田美由紀さんが主宰するオフィス作(松田龍平や松田翔太が所属する事務所)のワークショップオーディションの講師をやらせていただきました。
やはりそこで言ってたのも同じことです。
その場の[覚悟と責任]が足りない。
その時はグループで即興でどんどん表現をやるという内容だったんですが、多くの受講者が発言をせずまとめずトライもせずでした。
表現も仕事も一緒です。
何かやりたいことを成す為にはそれ相応の[覚悟と責任]が必要です。

僕はいつでも責任を取ってきたつもりでした。
それはお金を払ってくれるお客さんに悪いからです。
他の出演者を殺すことはしません。がそれ相応の対価を表現で払うべく前に出ます。
それを気に食わない出演者もいるんですね。
まぁしょうがないです。マインドが違うので。
僕はオナニーを人前でやる為に芸術をやっているのではないので。

皆さんも気をつけてください。
一人の観客の心だけでも動かそうと励んでください。



韓国入り 2017.9.21

約1年ぶりに韓国にきました。
友人が主宰する第一回目のダンスフェスティバルに招聘していただきました。
到着して早速劇場に行きテクニカルチェック。
その中でふと見つけた照明とフォグの使い方が本当に綺麗で頭の中にメモ。
いつでもこういう発見をしないとなと思います。
新しい発見がある時点でやる気が起きるからです。
自分が美しいって思ったものを共有したいからです。
幸い他の人は他の照明の使い方に興味津々で誰も気づいてない。
いつか作品で使いたいと思います。

明日には本番です。
石井節、かましたいと思います。

 

ストリップ 2017.9.20

今日は友人が出演しているストリップを観に行ってきました。
人生でストリップを見るのは2度目。
いやぁ〜勉強になった。
技とかちゃんとあるんだね。
拍手のタイミングとかお客さんがちゃんと演者を愛して応援してるのがわかる。

そして友人のパフォーマンスがマジでよかった。と言うか惚れた。
表現者としてあそこまで全てをさらけ出してできるっての本当に素晴らしい。
いつか僕の作品に出てほしい。

断捨離 2017.9.19

最近いろいろな事や人が消えていっています。
断捨離の時期。
より自分がステップアップする為には捨てる事が必要だなと実感しています。
次のステージにいく為に無理して持ち続けようとしないようにしています。
幸い、向上心のある友人知人の方々が僕のマインドを理解し後押しをしてくれます。
いいエネルギーをもらいました。
今年はまだまだ何かありそうだけど、前を向いて生きなければ。

  

Restart 2017.9.18

今迄、ブログなどやってたことがありましたが、自分のWebで再挑戦したいと思います。
今年の7月に事故りました。
それからというものいろんな問題が起きてきました。
特に人間関係。
断捨離なんだと思います。
自分が自らそうすることもなく自然とそうなっていく流れに今自分が漂っているんだと思います。
事故が元でそうなったということもあるんですが、いろんな余分なものを落とそうとしたかった自分の意思が、自然と環境からそうさせてるんだと思います。
まぁ思いもよらないことが多いですが。
2年前に一瞬にして日常が変わった瞬間がありました。
ちょっと状況は違うけど、何かがなくなった瞬間に自分に何があるか。
この確認が必要なんだと思います。そして覚悟。
一は全、全は一。
だけど森を俯瞰した時に一本気が失くなっても森は森。
それが自分なんだと思います。
失った時に自分に何が残っているか。
自分の武器がなんなのか。
自分がどういう人間なのか。
これが大事なんだと思います。
そしてそれを理解し、どう自分の未来のために進んでいくか。
下を向くことは簡単です。
でも上を向いて歩きたい。
それをする為にはどうするか、自分の方法を見つけなければなりません。

ちょっと前に井上雄彦の「リアル」を大人買いしました。
元気付けられます。
皆さんにも是非読んでほしいです。
そして15巻、出てほしいです。