アーティストステートメント

 
「私が作り手として重要視していることは、作品の質量である。
身体があり踊りがあり、そのベクトルがどこにあるのか。
そして音響や照明効果がどうあるのか、など舞台上に存在するすべての質量が重く、
強度があることが絶対だと考えている。
強度のある作品とは、全ての物事がしっかりとそこに存在し、
絶対的な何かが舞台から客席までを支配し、
観客は個人的な関心(好み)を超えて集中し続け、
背もたれに寄りかかることなく最後まで見入ってしまうものである。
全身が反応する作品だ。
 
すべてを支配し、狂気とエロスを使い、観客が一寸たりとも目が離せないものを作りたい。
現代社会の表では見もしないもの、人が他人に見られたくないようなもの、その狂気とエロスを露わにしたい。
そして、それを普遍的な美として、人間の心理に働きかけ、
社会の真理を問う舞台芸術作品を作り続ける。
さらに、その強度には"余白"が不可欠だと思っている。
作品に要素を足すのではなく削る。
その日本の伝統美学である"余白"を使うことによって、観客の第六感である想像から
創造することを促すことができる。
それは、非現実的であり、映画のようであり、印象として記憶に残り、
観客の人生に影響を与える。
私にとって、芸術とはそういうものであると思っている。」
 

Artist Statement

  
The most important thing for me as a artist is a mass, mass of work.
There are body and dance on the stage. Where is vector? Are lightning and sound efficacious? The mass of all objects on the stage are heavy and high strength, that is absolute principle for me. High strength work is that : all the things on the stage are exist forcefully, there is a absolute existence that have power over the stage and audience seats,  and the audiences continue to concentrate the stage beyond personal preference. They gaze on the stage until the end without leaning the seats.
The work which whole body react.
I want to make art work which have those all elements and I use Eros and madness.
Things we can not see in ordinary life of modern society, things people do not want to be seen from the others, i open those Eros and madness on the stage.
And I make those things universal beauty, influence human psychology, and ask truth of modern society. That is my art work.
In addition, “blank space” is essential to make a high strength art. Not add elements to the art, but delete elements. By using this Japanese traditional esthetic “blank space”, imagination of audience can become creation. 
That is unrealistic, cinematic and impressive. It can influence life of audience.
For me, that is art.

 


プロフィール / Profile

©︎Makiko Kumagai 

石井則仁
振付家 / 舞踏家 / DEVIATE.CO芸術監督
 
1984年生まれ、東京都出身。
17歳からストリートダンスを踊り始め、様々なダンスコンテストにて入賞。スガシカオやDJOZMA、坂本冬美や中村美律子など数々のアーティストのバックダンサーやCM・テーマパークダンサーなどで活躍後、2006年活動場所を舞台空間へ移行。
過去にBABY-Q・大橋可也&ダンサーズ・辻本知彦・大駱駝艦・Antibodies Collective・康本雅子など、様々なDance CompanyやDance Artistの国内外の公演に参加する傍ら、蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品にも出演。
2006年よりコンテンポラリーダンスを辻本知彦に師事。2010年より舞踏を天児牛大に師事。
2007年よりソロ活動を開始し、現代人の肉体に宿る狂気と普遍性のある美をコンセプトに人間の心理に働きかけ、社会の真理を問う舞台芸術作品を作り続ける。
 
2013年ソウルインターナショナルコレオグラフィーフェスティバルにて当時の総合準優勝のJury Prizeを受賞。その後、韓国・イスラエル・シンガポールなど多くの国で再演をおこなう。
2015年 同フェスティバルにて総合準優勝のSCFアワードを受賞。初の2度受賞という快挙を遂げる。
2010年 コンテンポラリーダンスの殿堂と呼ばれるパリ市立劇場を創作拠点とし、世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、自身の活動も含め27カ国75都市以上で公演を行う。2013年に山海塾が国際交流基金賞を受賞。近年では「卵熱」「HIBIKI」のソロパートも担う。
 
2021年、元バレエダンサーの草刈民代が芸術監督を務めた「CHAIN of INFINITY」公演に振付家として参加し、舞踏の新しい一面を提示すると共に、多大な評価を得る。
 
ダンサーの活動と並行して2012年にDEVIATE.CO(プロデュースカンパニー)を立ち上げ、多くの企画を実施。近年ではイタリア・スペイン・韓国・アメリカ・ロシアなど、海外のアーティストを招聘し関東・地方にてダンスシーン向上・一般市民がダンスに触れるプロジェクトを多く展開している。
  
2017年より空間美術展&舞踏公演「がらんどうの庭」を開催。松本・札幌にて行い続け、2020年には長野県松本市の松本PARCOにて開催。舞踏作品「がらんどうの庭」はスペインでも公演を行う。
 
職種を超え、海外のカルチャー雑誌のモデルやブランドのモデル、物理学の格子欠陥協会や日本触覚協会、SMの緊縛など、様々な業種とコラボレーションし舞踏の認知拡大・活動場所の開拓をしている。

Norihito Ishii
Choreographer / Butoh Dancer / Artistic Director of DEVIATE.CO
 
Ishii was Born in 1984 in Tokyo, Japan.
He started street dancing at the age of 17 and won prizes in various dance contests. After working as a back dancer for many artists and as a dancer for commercials and theme parks, he moved to the stage in 2006.
In the past, he has participated in domestic and international performances by various dance companies and dance artists, and has also appeared in theatrical productions by Yukio Ninagawa and Amon Miyamoto.
He has studied contemporary dance under Tomohiko Tsujimoto since 2006, and Butoh under Ushio Amagatsu since 2010.

Since 2007, he has been working as a solo artist, and continues to create performing arts works that question the truth of society by working on the human psyche with the concept of the madness and universal beauty that resides in the modern human body.
 
In 2010, he became a member of Sankai Juku, a butoh company that has performed in over 700 cities in 45 countries around the world, with the Theatre de la Ville de Paris, the temple of contemporary dance, as its creative base. In recent years, he has also taken on solo parts in "UNETSU" and "HIBIKI.
 
In 2013, he was awarded the Jury Prize, the overall runner-up at the time, at the Seoul International Choreography Festival. Since then, she has performed again in many countries including Korea, Israel, and Singapore.
In 2015, he received the SCF Award, the overall runner-up award at the same festival. He became the first person to win the award twice.


In 2021, he participated as a choreographer in the performance "CHAIN of INFINITY" directed by Tamiyo Kusakari, a former ballet dancer, presenting a new aspect of Butoh and receiving great acclaim.
 
DEVIATE.CO (producing company) in 2012, and has carried out many projects. In recent years, he has invited artists from Italy, Spain, Korea, the United States, Russia, and other countries to improve the dance scene in Japan and develop many projects that allow the general public to experience dance.

Since 2017, he has been holding a spatial art exhibition and butoh performance called "Garden of Garando". It has been held in Matsumoto and Sapporo, and will be held at Matsumoto PARCO in Matsumoto, Nagano in 2020. Butoh performance "Garden of Garando" has also been performed in Spain.

He has collaborated with various industries such as models for foreign culture magazines and brands, the Grid Defects Association of Physics, the Japan Tactile Sense Association, and SM bondage to expand the recognition of Butoh and develop new places for its activities.
 


受賞歴 / Awards

 
Stage performance
Seoul International Choreography Festival 2013 「SAMON」 Jury Prize
Seoul International Choreography Festival 2015 「AFTERGLOW」 SCF Award
 

バイオグラフィー / Biography 

2021
2月 TOMOHISA ISHIKAWA MV 「TKSENHBK」出演
2月 祇園BARBARA25周年記念公演 ゲスト出演(会場:京都府立文化芸術会館 / 京都
1月 草刈民代芸術監督「CHAIN of INFINITY」公演 「奉祷儀譚」(会場:Bunkamuraオーチャードホール / 東京)
 
2020
12月 格子欠陥フォーラムにてゲスト出演。格子欠陥×舞踏の映像作品「ΔG=ΔH - TΔS -未知の潮流-」を発表
12月 「About Death」(会場:UrBANGUILD / 京都)
11月  山海塾「UNETSU」(会場:Teat Champs Fleuri / レユニオン島)
9月 ダンストラック 康本雅子作品「ピンク左論」(会場:高輪ゲートウェイ駅前特設会場 / 東京)
8月 石井則仁舞踏ダンス合宿 in 神戸
8月 日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会 審査員
7月 康本雅子作品「ピンク左論」(会場:UrBANGUILD / 京都)
7月 空間美術展&舞踏公演「がらんどうの庭」(会場:Agt / 北海道)
7月 「About Death」(会場:Agt / 北海道)
3月~4月 空間美術展&舞踏公演「がらんどうの庭」(会場:松本PARCO / 長野)
2月 山海塾「HIBIKI」(会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
1月 山海塾「ARC」(会場:びわ湖ホール / 滋賀)
1月 即興公演「舞踏間音」(会場:BAR Aquavitae / 長野)
1月 新春公演 舞い響く寿ぎの系譜「操三番叟」(会場:六本木 妙善寺 / 東京)
 
2019
12月 舞踏「地獄」小樽・余市公演 (北海道)
11月 ハノイ国際交流基金主催 J-Dance vol.2 「操三番叟」
山海塾「ARC」「MEGURI」「UTSUSHI」南米北米ツアー
「About Death」(会場:UrBANGUILD / 京都)
8月 黒藤院「合わせ鏡」(会場 : 黒部市国際文化センターコラーレ / 富山)
Seoul International Dance Festival in TANK「聖なる歪み」(会場:ソウル / 韓国)
SHOKKAKU2019 「がらんどうの庭」(会場:京都大学 / 京都)
中国ADCC生活芸術院主催来日交流会「がらんどうの庭」(会場:UrBANGUILD / 京都)
空間美術展&舞踏公演 「がらんどうの庭」(会場:池上邸 蔵 / 松本)
Antibodies Collective × tactileBOSCH(会場:京都大学西部講堂 / 京都)
山海塾「ARC」「UTSUSHI」フランスツアー
縄文太鼓奏者 茂呂剛伸後援会 「縄文」(会場:渡辺淳一文学館 / 北海道)
4月 東アジア文化都市2019豊島 日中文化交流企画 「操り三番叟」(会場:目白庭園 / 東京)
ダンス企画JUST DANCE「JUST」(会場:Yise / 広島)
山海塾「ARC」(会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
Antibodies Collective 「cassette 100」(会場:神奈川芸術劇場 / 神奈川)
 
2018
12月 日本国際交流基金ベトナム日本文化交流センター主催 日越外交関係樹立45周年記念文化交流行事 J-Dance 「AFTERGLOW」 (会場:ハノイ / ベトナム)
山海塾「TOBARI」上海・北京ツアー
Antibodies Collective 「エントロピーの楽園」(会場:犬島 / 岡山)
単独ヨーロッパツアー リトアニア・スペイン・イギリス
山海塾「MEGURI」「UTSUSHI」ドイツ・イタリアツアー
黒藤院「御華束」(会場 : 黒部市国際文化センターコラーレ / 富山)
空間美術展&舞踏公演 「がらんどうの庭」 (会場:池上邸 / 松本)
演劇「怪物」総合デザイン・振付担当 (会場:上土劇場 / 松本)
齋藤智仁 123展 「がらんどうの庭」(会場:トウオン・カフェ / 北海道)
舞踏Bar (会場 : Conte Sapporo) / 北海道)
北海道舞踏フェスティバル2018 「がらんどうの庭」 (会場:富士サルベージ 西埠頭倉庫 / 北海道)
山海塾「卵熱」「金柑少年」(会場:世田谷パブリックシアター / 東京)
日置あつし舞踊皐月琉球公演「極楽鳥の森-Bird of Paradise-」(会場:銘苅ベース / 沖縄)
Antibodies Collective 「エントロピーの楽園」(会場:横浜赤レンガ倉庫 / 神奈川)
Whenever Wherever Festival 2018「病める舞姫をテキストにした公演」(会場:千住BUoY / 日本)
山海塾「卵熱」(会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
 
2017
Taja Savina(From Russia)振付「Inner voices of the body」(会場:妙善寺 / 東京)
ダンスブリッジインターナショナル「MOIRA」(会場:Session House / 東京)
山海塾「MEGURI」(会場:新国立劇場 / 東京)
山海塾「MEGURI」「金柑少年」「TOBARI」「UTSUSHI」フランス・ジョージア・コロンビア・エクアドルツアー
Daehang Small Theater Festival 「MOIRA」 (会場:Dream Art Center / 韓国)
TOBIU CAMP (会場:飛生の森 / 北海道)
即興Performance (会場:Kuroda Cafe / 愛媛)
写真家 木寺一路 vs 舞踏家 石井則仁 「おどりてとりて」(会場:枝光本町商店街アイアンシアター)
山海塾「MEGURI」 (会場:滋賀県立芸術びわ湖ホール / 滋賀)
Installation Exhibition 「がらんどうの庭」 (会場:池上邸 / 松本)
5月 Artist in Residence at Sofia Workshop & Performance (会場:ATOM Theater / ブルガリア)
Dance Comopolitan Performance (会場:妙善寺 / 六本木)
「Mr.Nobody's」 九州国際ダンスコンペディション (会場:ミリカローデン那珂川 / 福岡)
「Mr.Nobody's」(会場:枝光本町商店街アイアンシアター)
オムニバス舞踏公演「ハテナ」(会場:枝光本町商店街アイアンシアター)
即興公演「摩擦」(会場:Gallery Soap / 福岡)
山海塾「TOBARI」(会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
山海塾「MEGURI」フランス・スイス・スロベニアツアー
 
2016
12月 原案:蜷川幸雄 演出:ノゾエ征爾「1万人のゴールド・シアター 金色交響曲 〜わたしのゆめ、きみのゆめ〜」ムーブメント担当(会場:さいたまスーパーアリーナ / 埼玉)
11月 Seoul International Choreography Festival 2016 Gara 「SAMON」 (会場:Ark劇場 / 韓国)
「It's...」(会場 : ヴィオパーク劇場 / 長野)
7th Danczinc festival 「SAMON」 (会場 : / シンガポール)
10月 「TELESCORE PROJECT」 Exhibition & Performance (会場:渋谷ヒカリエ aiiima / 東京)
「計画的偶発性」(会場:京都アヴァンギルド / 京都)
スタジオショーイング(会場:東区民文化センター / 広島)
枝光まちなか芸術祭「MOIRA」(会場:枝光アイアンシアター / 福岡)
TOBIU CAMP「神景」(会場:飛生の森 / 北海道)
NDA International Festival 日韓共同制作作品『The Circulation of Zero』(会場:Sogang University Mary Hall/韓国)
黒藤院「輪廻」(会場;黒部市国際文化センターコラーレ / 富山
山海塾「MEGURI」「UTSUSHI」ヨーロッパ・ブラジルツアー
山海塾「MEGURI」 (会場:エスプラネードシアター / シンガポール)
即興公演 「2016年4月このメンバーでパフォーマンスをする」 (会場:Studio Conte / 北海道)
GOLD EXPERIENCE Project Performance (会場:Sezon Art Gallery / 東京)
即興公演「有徴あるいは無徴 vol.4」 (会場:枝光アイアンシアター / 福岡)
即興公演「有徴あるいは無徴 vol.3」 (会場:モヒカンポシェット / 熊本)
写真展「石井則仁」 (会場:枝光アイアンシアター / 福岡)
福岡ダンスフリンジフェスティバル「AFTERGLOW」 (会場:ぽんプラザホール / 福岡)
山海塾「金柑少年」 (会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
ダンスがみたい新人シリーズ「石泳ぐ魚」 (会場:日暮里d-倉庫 / 東京)
 
2015
即興公演 (会場:ピカデリーホール / 長野)
「MOIRA」 (会場:中野RAFT / 東京)
Dance Camp Platform 「AFTERGLOW」 (会場:枝光アイアンシアター / 福岡)
Seoul International Choreography Festival 「AFTERGLOW」 (会場:Ark劇場 / 韓国)
山海塾「UMUSUNA」アメリカ・カナダツアー
Sibu International Dance Festival 舞踏 ワークショップ in マレーシア
Daegu International Dance Festival 「SAMON」 (韓国)
北九州芸術劇場主催ダンスダイブウィーク「不可視の領域 アナザーストーリー」 (会場:北九州まなびとESDステーション / 福岡)
黒藤院「偶力の腕 」 (会場;黒部市国際文化センターコラーレ / 富山)
山海塾「TOBARI」 (会場:まつもと市民芸術館 / 松本)
山海塾「UMUSUNA」 (会場:滋賀県立芸術びわ湖ホール / 滋賀)
山海塾「UMUSUNA」「KARA・MI」 (会場:世田谷パブリックシアター / 東京)
Modern Dance Festival 「SAMON」 (会場:Ark劇場 / 韓国)
山海塾「MEGURI」 (会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
TPAM「不可視の領域 アナザーストーリー」 (長者町アートプラネット Chapter2 / 神奈川)
ダンスが見たい新人シリーズ「タイトル未定」  (会場:日暮里d-倉庫 / 東京)
 
2014
11月 Tokyo Experimental Festival 宇都 縁「suite for senses」 (会場:両国門天ホール / 東京)
枝光まちなか芸術祭「移ろいゆく街」 (会場:枝光アイアンシアター / 福岡)
9月 東アジア文化都市2014横浜 BankART Life4 東アジアの夢「不可視の領域」 (会場:BankART 1929 / 神奈川)
即興公演「有徴あるいは無徴 vol.2」 (会場:冷泉荘 / 福岡)
ICiT ダンス作品集2 「タイトル未定」  (会場:中野RAFT / 東京)
勝手に来やがれ 踊る商店街「移ろいゆく街」 (会場:枝光アイアンシアター / 福岡)
即興公演「有徴あるいは無徴 vol.1」 (会場:Art Space Tetra / 福岡)
JAPAN DANCE WEEK “Nights of the Rising Sun”「SAMON」(会場;Suzanne Dellal Centre/イスラエル)
Exchengeing Contemporary Art Party (会場:SAI / 韓国)
INSPIRED BY ART BRUT JAPONAIS (会場:熊本市現代美術館 / 熊本)
山海塾「UTSUSHI」インドツアー
山海塾「KAGEMI」北九州公演 (会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
山海塾「KAGEMI」シンガポール公演 (会場:エスプラネードシアター / シンガポール)
山海塾「UTSUSHI」「UMUSUNA」フランスツアー
山海塾「UMUSUNA」「TOBARI」「UTSUSHI」スウェーデン・スイス・イタリア・ベルギー・イスラエルツアー
ICiT ダンス作品集1 「タイトル未定」  (会場:中野RAFT / 東京)
 
2013
Link Project「身毒丸」 (会場:日暮里d-倉庫 / 東京)
Seoul International Choreography Festival 「SAMON」 (会場:Ark劇場 / 韓国)
Gwang Jin International Summer Dance Festival「SAMON」 (会場:Donseoul Art Hall / 韓国)
Incheon Yeonsu International Dance Festival 「SAMON」 (韓国)
福岡ダンスフリンジフェスティバル「タナトスの声を聞け!!」 (会場:ぽんプラザホール / 福岡)
山海塾「UMUSUNA」 (会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
山海塾「UMUSUNA」「TOBARI」フランスツアー
山海塾「KARA・MI」「UMUSUNA」「UTSUSHI」「TOBARI」日本ツアー (東京・高知・広島・小平・相模原・びわ湖・新潟)
山海塾メキシコ公演
山海塾ブラジルツアー
ダンスが見たい新人シリーズ「SHIGUREDOKI」  (会場:日暮里d-倉庫 / 東京)
 
2012
福岡ダンスフリンジフェスティバル「SAMON」 (会場:大博多ホール / 福岡)
山海塾「UTSUSHI」北九州公演 (会場:北九州芸術劇場 / 福岡)
山海塾「TOBARI」ロシアツアー
山海塾「UMUSUNA」「TOBARI」フランス・ハンガリー・スウェーデン・スロベニアツアー
山海塾「TOBARI」 (会場:エスプラネードシアター / シンガポール)
冨田寿一郎写真展「mement mori」 (会場:エプソンイメージギャラリーエプサイト / 東京)
即興公演「肉祭」 (会場:テルプシコール / 東京)
オムニバス公演「bud」 (会場:日暮里d-倉庫 / 東京)
ダンスが見たい新人シリーズ「タナトスの声を聞け!!」 (会場:日暮里d-倉庫 / 東京)
JTAN FESTIVAL 2012 「机上の空論」「SAMON -Marici-」 (会場:神楽坂 die pratze)
 
2010 - 舞踏カンパニー 山海塾 所属