テキストサイズ 小 |中 |大 |

トークイベント「土曜会」

トークイベント「土曜会」

『アートの市場化のための新しい方法論を考える』

4月の土曜会は、ダンサーの石井則仁氏をお迎えし、ダンサーとしての即興パフォーマンスをご覧いただいた後、石井氏の考える芸術と芸術家の価値についてのお考えを、根本豪氏との対談形式で伺います。

石井氏は高校生でストリートダンスをはじめ、バックダンサーとして紅白にも出演されました。
2005年にコンテンポラリーダンスを見て衝撃を受けコンテンポラリーダンスに転向。2007年から個人としてダンサー、振付家、ディレクターとして活動されています。2010年からは著名な「舞踏」カンパニー「山海塾」の舞踏手として、21カ国60都市以上で公演を行っています。

今、2012年にダンスが義務教育化したことや、ダンサー出身のミュージシャン=「アーティスト」の人気、テレビドラマのダンスがブームになる等などで、ダンスは注目を浴びているかのように見えます。しかし、実際には一握りのダンサーのみがダンスだけで生計を立てていける状況です。

そのようななかで、ダンサーとして自ら踊るだけでなく、振付家やディレクターとして、ダンス公演などを主催している石井氏は、ダンサーを含むアーティスト(芸術家)が芸術だけで生活できるための方法論を模索しています。

エンターテイメントとしてのダンスも豊かな刺激や快をもたらしますが、アートとしてのダンスは、エンターテイメントでは得られない全く新しい何かを見ることができるかもしれない。

そのような新しい価値が生まれる瞬間を、芸術家と鑑賞者(消費者)が同時に共有できる。
言いかえれば、鑑賞者(消費者)が見ることで初めて芸術家の創作が成立する。これがパフォーマンスアートが消費者に提供できる、共有できる価値です。

芸術は本来絶対的な意味合いを持たないものです。それを市場価値へと位置づけることは、矛盾した考え方かもしれません。

しかし、社会の中で今一度、芸術の価値を再認識することは、人間としての豊かさを考え直すために重要なことの一つではないでしょうか。

語り得ぬものを表現する芸術、日本の伝統の系譜上にある舞踏、そして消費者としての鑑賞者。芸術の意味と価値との間に、石井氏は新たな可能性を求めます。

鑑賞者、または芸術家としての立場から、皆様の議論へのご参加をお待ちしています

------------------------------

日時 : 4月14日(土)14時~17時

開演と同時に即興パフォーマンスを行います。
開演に遅れた場合、パフォーマンス終了まで10分程度お待ちいただく可能性があります。

講師 :石井則仁(振付家 、舞踏家、DEVIATE.CO芸術監督、山海塾舞踏手)
ファシリテーター :根本豪氏(ユダヤ学者) 

場所 :渋谷公園通り 「勤労福祉会館」 03-3462-2511(渋谷区神南1-19-8)

Whenever Wherever Festival 2018

Whenever Wherever Festival 2018

舞踏神 土方巽の「病める舞姫」をコンセプトに作品を上演します。
音楽に藤代洋平、ドラマトゥルクにShinya B Watanabeを迎え、石井が自分の過去を振り返り、自分の「病める舞姫」を書き出し、そこから作品を創作します

詳細が確定次第up致します。

振付・出演:石井則仁
ドラマトゥルク:Shinya B Watanabe
音楽:藤代洋平

4/26 (木)

2000円

北千住BUoY http://buoy.or.jp

主催:Whenever Wherever Festival 2018
http://bodyartslabo.com/wwfes2018/

エントロピーの楽園

エントロピーの楽園

2018年4月28日(土) 15:00 / 19:30
4月29日(日) 14:00 (開場は開演の30分前)
PLACE:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
Yokohama Red Brick Warehouse No.1 3F

チケット予約フォーム
TICKET:自由回遊形式
・一般前売 3,000円 / 当日 3,500円
・ユース(25歳以下)・学生 (要学生証)前売 2,500円 / 当日 3,000円
・高校生以下[前売・当日] 1,000円
チケット発売:2018年 2月 10日(土)
■MEMBERS
コンセプト・構成・音楽 : カジワラトシオ
振付・演出 : 東野祥子
空間演出・美術・装置 : OLEO
特殊効果・美術 : 関口大和
映像 : 斎藤洋平(ROKAPENIS)
ドラマトゥルグ : 石橋源士
即興演奏・パフォーマンス : JON(犬)、中原昌也、MEGANE、置石
身体パフォーマンス : ケンジル・ビエン、吉川千恵、JON(犬)、加藤律、矢島みなみ、ミナミリョウヘイ、田路紅瑠美、尾身美苗、斉藤成美、モッシュ、松木萌、菊池航、石井則仁
照明 : 藤本隆行(Kinsei R&D)
衣装:HE?XION!、西岡七歩子
美術・テクニカル:倉持裕二、Moriken ほか
舞台監督:尾崎総
テクニカル・アシスタント:ヤノタカオ
音響:Otodashi
宣伝美術 河村耕輔、関根日名子
制作 古原彩乃 


お問い合わせ:ANTIBO HQ
Web:www.antibo.org/
TEL 090-8368-6578(代表)
Mail contact@antibo.org

主催 : ANTIBODIES Collective
共催:横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
助成:公益財団法人セゾン文化財団、 公益財団法人福武財団

アクセス
横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-1
Tel:045-211-1515 web : www.yokohama-akarenga.jp/
みなとみらい線「馬車道駅」、「日本大通り駅」から徒歩約6分
■JR・市営地下鉄「桜木町駅」から汽車道経由で徒歩約15分
■JR・市営地下鉄「関内駅」から徒歩約15分

一座建立~古今のリズム~

一座建立~古今のリズム~

舞踏家・石井則仁(山海塾)×茶道家・平野真里香、三窪笑り子× 唄、三味線・山田 白米の舞踏と茶道と音のパフォーマンスを行います。

一座建立(いちざこんりゅう)とは。
人も踊りも、音も湯合いも全て。
全く異なる踊りや演奏、茶、そして客が集中し、一体感が芽生えるというお茶の世界での言葉。

日本の水平な横の動き、縦の動き、静や動、呼吸感、間合い、余白の美学を感じれる空間になるでしょう。

ちいさな茶室の中で茶と舞が振る舞われる、静寂で贅沢な時間を過ごしにきてください。

□日時:5/12 14:00-, 17:00-, 20:00
(3回公演・各回15名定員)
 *各公演後、アフタートークあり

□場所:陶々舍
(京都市北区紫野大徳寺町63-38) 

□料金:3000円(抹茶、菓子付)

□出演:舞踏家・石井則仁(山海塾)
唄、三味線・山田 白米
    茶道家・平野真里、三窪笑り子

□予約:ni.office2018@gmail.com
石井則仁事務局 吉岡宛
(お名前、連絡先、人数、公演時間の記載をお願いします。)

「道」トークイベント

「道」トークイベント



道 トークイベント
〜石井則仁(山海塾舞踏手)×辻祐(英哲風雲太鼓奏者)トークイベント

『偉大な師を持つ者同士 その道の学びの哲学と未来を紐解く』

--------------------------------------------------------------------

普段セッションを行っている石井則仁と辻祐の初のトークイベントを開催します。その名も『道』

覚悟を決めそれぞれの道に入り、極みを目指している2人。
それぞれの師や自分の哲学、習得する事、海外公演での経験や芸術表現について共有していきたいと思います。

□日時:2018/5/25(金) 19:30~21:30

□場所:una camera livera
(東京都中野区中野2-12-5)

□料金:3000円(食事付き)

□出演:石井則仁(山海塾舞踏手)・ 辻祐(英哲風雲太鼓奏者)

□予約:ni.office2018@gmail.com
    石井則仁事務局 吉岡宛
(お名前、連絡先、人数の記載をお願いします。)

山海塾「卵熱」「金柑少年」東京公演

山海塾「卵熱」「金柑少年」東京公演

洗練された表現と高い芸術性で国際的に評価の高い舞踏カンパニー・山海塾が、リ・クリエーション版として2作品を上演。『卵熱』は、卵を象徴とする“生命の連鎖”を表現。

『金柑少年』は、千数百匹のマグロの尾尻が壁一面に打ち付けられた舞台の中で、“生命の起源を問う少年の夢”を描きます。

東京、世田谷パブリックシアター公演

2018年6月1日(金)~6月6日(水)
『卵を立てることから―卵熱』 (リ・クリエーション) 東京初演
『金柑少年』 (リ・クリエーション) 再演

【演出・振付・デザイン】天児牛大【出演】竹内晶 市原昭仁 長谷川一郎(『金柑少年』のみ) 松岡大 石井則仁 百木俊介 岩本大紀(『卵熱』のみ)

卵熱(リ・クリエーション)
6月1日(金) 19:00 
2日(土) 15:00 
3日(日) 15:00

金柑少年 
5日(水) 19:00 
6日(木) 19:00 ★ポストパフォーマンストークあり (詳細は後日発表)

◎開場は開演の30分前
◎未就学児童はご入場いただけません。

【指定席解除へのご協力のお願い】開演時刻の段階で、ご着席のない席の指定を解除させていただきます。なお、開演時刻後は、山海塾で指定するお席へご案内いたします。

◎一般発売開始 3月31日(土)
◎チケット料金(全席指定)

S席=4,500円 (1・2F) A席=3,000円 (3F)
世田谷パブリックシアター友の会4,200円 ((S席前売のみ)
せたがやアーツカード4,300円 (S席前売のみ)
U24=2,500円 (18~24歳対象、劇場チケットセンターまたは公式サイトで要事前登録)
*世田谷パブリックシアター友の会・せたがやアーツカード・U24の各登録と会員の方は、別途、世田谷パブリックシアターHPでご確認下さい。

【チケット取扱】 山海塾オンラインチケット(要事前登録) http://www.sankaijuku.com/tp.html世田谷パブリックシアターチケットセンター03-5432-1515 (10:00~19:00)世田谷パブリックシアターオンラインチケット(要事前登録)PC http://setagaya-pt.jp  携帯 http://setagaya-pt.jp/m/

【お問合せ】山海塾 03-3498-9622※山海塾でのチケット取扱いは、オンライン予約のみ
協賛=株式会社資生堂提携=公益社団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター後援=世田谷区協力=急な坂スタジオ主催=山海塾

詳細
山海塾 Web Site